銀行や消費者金融でローンを組むという場合には、担保や保証人を要求されるというのが一般的です。もっとも、小さな金額のローンやキャッシングの場合であれば、そうしたものは必要なく、さらに使い道も事業性資金を除いては自由ということもあります。いっぽう、借り換えカードローンは、既存の複数の会社から借り入れているローンを一本化するという目的のローンですので、貸し付ける金額がそれだけ大きくなりやすく、銀行や消費者金融の側でも、やはり安全のために保証人を立てるように要求してくる場合があります。
しかし、実際のところ、保証人が必要になるかどうかというのは、借り換えカードローンの申し込みをした銀行や消費者金融の考え方しだいということもあり、すべての場合で保証人が必要とまではいえません。一般的なことをいえば、借り換えカードローンを使ったとしても、ごく限られた規模の金額であれば保証人は必要なく、金額がたとえば500万円などといった相当の規模に膨らんでしまった場合にはじめて保証人が必要になってくるということが多いようです。
小さな金額の場合には、カードローン借り換えの保証人に代わるものとして、銀行などが指定した、特定の保証会社が保証債務を引き受けるというかたちになっているケースが大半とみられます。このような会社は、一定の保証料をとることによって、貸し倒れなどがあった際の補填を銀行や消費者金融に対して行うことを目的としていますので、保証人の役割と同等であるといえます。

Comments are closed.

Post Navigation