無職でお金を借りることはできないだろうかと考える人もいるかもしれませんが、方法がないわけではありません。
お金を借りるということは、社会的な信用につながるため無職の場合には簡単に借りることは難しいものですが、方法はいくつかあるので覚えておくといざというときに役立つかもしれません。

無職でもお金を借りる方法として、仕事がある時にカードローンなどの契約をしておくというものがあります。
収入があるときであれば信用もあるのでカードローンの審査にも通りやすく、仕事を失った時にお金を借りる手段として役に立ちます。
しかし、このような行為は許されるものではありませんから、無職だと発覚した時点で利用を停止させられてしまう可能性が濃厚であるため好ましい方法ではありません。

無職でも安全にお金を借りる方法としては、質屋を利用するというものがあります。
お金になる担保があればという話ではありますが、担保があるのであれば無職であろうと何であろうとお金を借りることが可能です。
その人に信用がなかったとしても、そのもの自体に価値があるのであれば貸す側からすればたとえ相手が返済をすることができなかったとしても、それだけの価値のある質草をおさえているわけですから、リスクはありません。
そのため、担保の信用によってお金を借りることができるため、無職でどうしてもお金に困って何処かから借りなければならないというときには、質屋を利用してみるという手もあります。